伊藤若冲展

0

    先週の日曜日、伊藤若冲展を見に行きました!


    上野公園にある東京都美術館で、5月24日まで開催されています。



    展覧会公式ホームページで毎日1時間おきくらいに混雑状況を告知しているので、覚悟はしていましたが…
    チケットを購入するのに30分ほどかかった後、長い長い、も一つ長い列に付いて、ようやく美術館に入るまで4時間。さらに建物の中でも30分ほど待って、展示室にたどりついた時は、公園に着いてから5時間を超えていました。

    これまでの人生で一番長い行列となりました。開催期間が短いせいか、毎日文字どおりの長蛇の列だそうです。
    年がばれてしまいますが、小学校低学年のころ大阪で万国博覧会がありました。アメリカ館に展示されている月の石を見るために相当並んだ記憶があります。けれども、あの時でもこれほどは並ばなかったのではないかしら?

    途中で挫折し列を離れる人も少なくなかったようですが、なんとか頑張りぬき、ようやく見られました。
    …絵心がなく、技術的なことは全くわかりませんが、描かれている動物や植物はどれも力強く、色彩の美しさは胸に迫ります。
    生誕300年だそうですが、保存状態がいいのにも驚きました。
    有名な「動植綵絵」や「果蔬涅槃図」(二股だいこんのお釈迦さまの逝去を悼んで、野菜やくだものが集まっている!)などなど。
    私は「象と鯨図屏風」が一番気に入りました。

    さすがに、美術館を出るころはぐったり。早めの夕食をとりましょう。
    大好きな浅草橋の洋食屋「大吉」です!冷えひえのビールにワイン、どれもこれも美味しいお料理で、ご満悦。



    なかでも、初めていただいた「トマトの煮びたし」は、本当に美味しかった。
    トマトのおでんがあるそうですが、(たぶん)それを冷たくひやし、万能ねぎとかつおぶし、ときがらしを添えていただきます。
    レバーステーキやサラダ、チーズ盛り合わせ、メンチカツ、ビーフポテトコロッケ…さんざん食べた上に、〆にパスタまで。

    よほど疲れていたのでしょうか?帰りの電車の中で、お店に携帯を忘れたことに気づき、ショック。
    翌日取りに行く羽目に。携帯を忘れたことも人生初。なんだかとっても疲れた。
    でも、せっかくなので、夫お勧めの「アジフライ定食」を食べて、まぁこれはこれでよかったかな?
    食後は、これも夫お勧めのイタリアンカーフの専門店で、タンニンなめし革のブックカバーを購入。
    大切に使うことにしましょう。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    profilephoto

    業務内容

    労働・社会保険手続代行
    給与計算代行
    新規適用手続代行
    就業規則や各種社内規定
    の作成、変更、届出
    労使協定書等が必要な
    制度の導入、作成、届出
    労働トラブル等相談
    労働基準監督署等の
    指導、調査等への対応
    助成金等

    らくらく診断

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    links

    profile

    書いた記事数:123 最後に更新した日:2019/01/30

    search this site.

    recommend

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM